Philosophy



MOTHER represents love and respecting things, HAND represents creation.
We produce our products using our hand-knitting machine.
All the parts are hand-stitched, and each product is entirely handmade.

- Our responsibility -
Nowadays, we live in an industrialised world and are surrounded by articles that are manufactured on the basis of prioritising an efficient production process. However, we want to stick with the concept of making things by hand, which requires the utmost care. This is because we believe that the basic point of making something is to seek the best concept and the best method of production, and we want instead to emphasise the artistic and aesthetic value which is born from the craftsmanship of working by hand.This value expresses itself when we think about designing the product, choosing the fabric, and knitting the garment. We throw our whole body and soul into those moments, and the aesthetic emerges from them.When we devote ourselves to making things by hand, we can find in that process a unique beauty which does not exist in industrial manufacture.

- Our mind -
In Japanese, we use the words Hare and Ke.Hare defines a special occasion like a wedding or feast, and Ke defines daily life.That means that most of our lifetime belongs to the period of Ke.We believe the important thing is how much we appreciate the time in our lives that belongs to Ke, and which repeats itself like a pendulum. It is our work to make knitwear which helps you to appreciate this time.


- Our aim -
There are two ways to deliver beauty. You can get it by adding things or you can get it by subtracting things. Adding beauty is the beauty of decoration, subtracting beauty is the beauty of removal. We find adding beauty in the western world, and subtracting beauty in Japan.We aim to produce comfortable knitwear which has at its heart the Japanese concept of beauty.


- The place -
We discovered knitting in Brussels, Belgium, and it has enabled us to meet lots of wonderful people. Without these fulfilling encounters, Mother Hand artisan would not have been born. That is why we chose this place to produce our knitwear, and to cherish the memory of those encounters.


- Our persistence -
All the patterns of MOTHER HAND artisan are original and exclusive to us. A shoulder line traces an arc, a deep-set side line under the arm enables us to make a slim armhole. Everything is designed to make the standing form beautiful. And the greatest characteristic is that each part, such as the arm and body, is integrated in the whole without any linking seam.Producing each part of an integral whole requires knitting methods such as fixing stitches or adding stitches or subtracting stitches. We arrange these stitches rhythmically in order to bring about a beautiful form. Our products are filled with many such ideas and details, which only hand craftsmanship can create.We use a classic hand-knitting machine, but we do not knit using the classic technique. We knit from a different standpoint, namely the idea of making each part integral. We combine ideas and the work of our hands in a sophisticated way in order to express the modern style, rather than using the latest mechanical techniques.




" MOTHER "は「愛」や「モノを大切にする」、" HAND "は「創造」を意味します。
MOTHER HAND artisanのプロダクトは手横編み機で編まれ主要な部位は手縫いで縫い付ける、
つまりハンドメイドにより生み出されます。

- 意地 -
工 業化が進んだ現代、世の中は生産効率を優先したモノ作りが大半をしめています。しかし、私達はあえて手間のかかるハンドメイドにこだわります。何故ならモ ノ作りの「原点」ともいえる最高のアイデアと製法を求め続けるためでもあり、「手」の作業から溢れ出すアーティスティックな緊張感を大切にしているからで す。モノを考えるときの緊張感、素材を選ぶときの緊張感、編む時の緊張感。その一瞬に全身全霊を込め、そこから生まれる「審美眼」。それを注ぐモノ作りが 出来るのがハンドメイドであり、そこには工業生産にはない唯一性を備えた美しさがあるからです。

- 想い -
日本には「ハレとケ」という言葉があります。「ハレ」という概念は特別な事、結婚式やおめでたい日をさす言葉で、「ケ」という概念は日常生活を意味します。と、言う事は、私達の人生のほとんどが「ケ」の時間帯なのです。
振り子のように繰り返される「ケ」の日々をいかに豊かな心で過ごすかが、大切になってくると私達は思います。その中で少しでも豊かさを感じてもらえるニット作りをするのが私達の使命だと感じています。

- 目指すモノ -
美 しさを手に入れる為にはふたつの方法があります。ひとつはモノを足して得られる美しさであり、もうひとつはモノを引いて得る美しさです。足す美しさとは、 飾る美しさ。そして、引く美しさとは取り除く美しさです。西洋の美が足す美しさなら、日本の美は引く美しさだと感じます。
私達は後者の引く美しさを軸に、毎日袖を通したくなる快適なニット作りを目指します。

- 場所 -
私達はベルギー・ブリュッセルでニットに出会い、そして、ニットを通じて沢山の心豊な人にも出会いました。その豊かな出会いが無ければ、MOTHER HAND artisanはうまれませんでした。だから、これらの出会いを大切に感じたい為、この場所で作ることを選びました。

- こだわり -
私 達は昔ながらの「手横編み機」を使いますが、昔ながらの技法でニットを作ってはいません。「一つ一つのパーツを一体でつくる」という視点を少し変えたニッ トづくりをしています。最新の機械や、技術よりも「アイデア」と「手仕事」を巧みに組み合わせ、現代的なスタイルを表現しています。
パ ターンはすべてオリジナルです。やわらかな弧を描く肩、えぐられた脇の下のラインにより可能な細いアームホールなど、立ち姿が美しく見えるように設計され ています。そして最大の特徴は、腕やボディと言った、ひとつひとつのパーツがつなぎ目無しで作られているということです。
ひ とつのパーツをつなぎ目無しで作ると言う事は、作業工程上、編み目の「かけ直し」や「減し目」、「増し目」の両方を使わなければなりません。その時に生ま れる「目」をリズミカルに配置する事により美しいフォルムを生み出します。私達のプロダクトには、そういったハンドメイドならではのアイデアやディテール が沢山詰まっています。